11月27日「ノーベル賞の日」

徒然プチラッキーブログ 2020.11.10

こんばんは。

輝跡の未来引き寄せ
楽笑コーチの輝美(kiyo)です。

今日もブログをお読みくださって
ありがとうございます。

街中もだいぶ色づき秋の深まりを
かんじてます。

この時期は、
銀杏の香が漂う時期ですが、
今年はあの!鼻を衝く香りが、
あまりしない気がしています。

銀杏の花言葉は、長寿・荘厳・鎮魂。
銀杏は通称「生きた化石」と呼ばれ、
樹齢1000年以上の銀杏もあるほか、
銀杏自体の調理法が焼いたり塩茹で、
お酒のおつまみにしたり、
懐石料理や茶碗蒸しの具に入れたりなど、
多彩で美味しく食べられ人間の寿命に、
大きな影響を及ぼすという意味で長寿だそうです。

荘厳という花言葉は、
長寿であること、
銀杏の木が主に神社やお寺に多く
植えられていることから、
古木の荘厳さ・神々しさにちなみ、
仏教用語で言うところの仏像や仏堂を
美しく厳かに飾るという意味の荘厳が
付けられたとされています。

そして、
鎮魂は、綺麗なイチョウの花を求め夜に、
家を抜け出していた娘が、
男に会いに行っていると勘違いし、
泥酔した父親に殺されたという悲しい逸話に
由来するとされています。


プチラッキーは未来からやってくる!
明日(未来)は「ノーベル賞制定記念日」

11月27日
1895年11月27日、
スウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベルが、
自らの発明したダイナマイトで得た富を人類に
貢献した人に与えたいという遺言を書いた。

ノーベルの死後、
ノーベル財団が設立され、
1901年(明治34年)のこの日、
ノーベル賞の第1回受賞式が行われた。





明日、あなたにもビックラッキーが起こります様に!


最後までお読みいただきありがとうございます。


輝跡の未来引き寄せ 楽笑コーチ
オフィス亜海
SASAE愛® 輝美(kiyo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です