4月21日は「創造性とイノベーションの世界デー」

輝跡の未来引き寄せ 楽笑コーチ
SASAE愛 輝美(kiyo)の
プチラッキーブログ 2020.04.20

プチラッキーは未来からやってくる!

明日(未来)は何の日!

明日(未来) 4月21日は「創造性とイノベーションの世界デー」

「持続可能な開発」の実施や問題解決における創造性と
イノベーションの役割についての意識を高める日。

この国際デーは、2002年(平成14年)4月21日に
世界50ヵ国以上で初めて記念日として祝われたそうです。
その後、2006年(平成18年)に4月15日~21日の一週間が
「World Creativity and Innovation Week:WCIW」

初日の4月15日はイタリアの芸術家、
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519年)のお誕生日。

芸術と科学の分野を超えた創造性の象徴であり、
これらの分野が互いに情報を交換し、
高め合う方法を例示しているそうです。

レオナルド・ダ・ヴィンチは発明家としても知られ、
ヘリコプターの原理を考案したことから、
日本では4月15日は「ヘリコプターの日」です。

また、「イノベーション(innovation)」は、
日本語では「革新」「刷新」「一新」の意味で、
「技術革新」と訳されることも多い言葉。

「新しい技術の発明」を指すと思われがちですが、
「新しい思い付きや手法の利用」という意味で、
小さなことでも新しいアイデアを利用すれば、
イノベーションとなる様です。

新しいアイデアから、
社会的意義のある新たな価値を創造し、
社会的に変化を起こすことが、
「持続可能な開発」の達成において重要だそうです。

リンク:United Nations



新しいアイデアは、
ふとした「ひらめき」や、失敗から生まれる事もあります。

小さなアイディアを大切にしてみませんか?


明日、あなたにもビックラッキーが起こります様に!

輝跡の未来引き寄せ 楽笑コーチ
SASAE愛の輝美(kiyo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です