10月23日「津軽弁の日」

徒然プチラッキーブログ 2020.10.22

こんばんは。

輝跡の未来引き寄せ
楽笑コーチの輝美(kiyo)です。


まだ少し先のことですが、
11月5日は気象庁の「緊急地震速報の訓練」が
行われるそうですので、お知らせ致します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下引用

  1. 訓練実施日時
    令和2年11月5日(木)10時00分頃
    (気象庁からの訓練用緊急地震速報の配信時刻)
     ※気象・地震活動の状況等によっては、
    訓練用の緊急地震速報の配信を急きょ中止する
    場合がありますので、御了承ください。

    中止を決定した場合には、
    速やかに気象庁ホームページ等でお知らせします。
  2. 参加機関等
    国の機関、地方公共団体、学校、民間企業等、個人
  3. 訓練の内容等
    訓練参加者は、
    訓練用の緊急地震速報を見聞きした際に、
    速やかに安全な場所へ移動するなど、
    それぞれの場面に応じた身の安全を確保する行動を実施する。


今回は、
テレビ、ラジオ(一部のコミュニティFM等は除く)の放送や、
携帯電話・スマートフォンの緊急速報メールでは、
訓練用の緊急地震速報は流れません。

気象庁が配信する訓練用の緊急地震速報の受信については
概ね以下のとおりです。

携帯電話・スマートフォン
(自治体の防災メールや災害情報を配信するアプリ等)登録した
自治体や使用しているアプリケーションによっては、
訓練であることを明記した緊急地震速報が流れる場合があります。
専用受信端末端末の設定や情報を配信する事業者によって異なります。

お手持ちの受信端末の動作についてや、
訓練用のメールの配信の有無等について、
より詳しい情報を求める場合は、各端末メーカー、配信事業者、
防災メールを運用する自治体の担当者などにお問い合わせください。

https://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/kunren/2020/02/kunren.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訓練前後に、地震が起こるかも!
と言う情報もありますのでご留意を!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



プチラッキーは未来からやってくる!
明日(未来)は「津軽弁の日」

10月23日
津軽弁または津軽方言は、
青森県津軽地方で話される日本語の方言。
東北方言(北奥羽方言)に属する。
津軽海峡の対岸である北海道の松前郡も津軽弁の影響が大きい。

よく知られた津軽弁の表現に「どさ」「ゆさ」がある。

これは「どごさ行ぐの」「湯さ行ぐどご」の省略形であり、
「どこに行くの?」「いまから風呂に行くところだよ」の意味。

長い文章を短く表現するという東北方言の特徴を端的に表しているそうです。






明日、あなたにもビックラッキーが起こります様に!


最後までお読みいただきありがとうございます。


輝跡の未来引き寄せ 楽笑コーチ
SASAE愛® 輝美(kiyo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です