10月30日「 リラクゼーション の日」



徒然プチラッキーブログ 2020.10.29

こんばんは。

輝跡の未来引き寄せ
楽笑コーチの輝美(kiyo)です。

10月29日は「十三夜」
今夜のお月さまはとても優しさを感じています。

十三夜とは、旧暦(太陰暦)で毎月 13 日の夜のこと。

十三夜の月は、十五夜の約1ヶ月後であることから
「後の月」とも呼ばれているそうです。

新暦では、十五夜も十三夜も毎年ちがう日になります。

十五夜と十三夜を合わせて「二夜の月」と呼ぶそうです。

十五夜は収穫した芋を供えることから「芋名月」、
十三夜は栗や豆の収穫の時期なので「栗名月」「豆名月」
とそれぞれ別の呼び方があるそうです。

どちらか一方の月しか見ないことを「片見月」といい、
「十五夜の月を見たら、十三夜の月も見ないと縁起がよくない」
とも言い伝えられ、
古くから十五夜と十三夜を同じ庭で見るという風習があったそうです。

秋の夜長、月を愛でお月さまのたっぷり浴びながら、
パワーアップとリラクゼーションを楽しみながら、
自己肯定感がUPします様に!

魔法のアファメーションは
「できちゃったぁ~」がお勧めです。






プチラッキーは未来からやってくる!
明日(未来)は「 リラクゼーション の日」

10月30日
総務省の日本標準産業分類にて
「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」が新設され、
その告示された日である2013年10月30日を記念日とした。

安心・安全・安定的なサービスの提供による
リラクゼーション事業の健全な発展と社会的認知度の向上が目的。

リンク:日本リラクゼーション業協会






明日、あなたにもビックラッキーが起こります様に!


最後までお読みいただきありがとうございます。


輝跡の未来引き寄せ 楽笑コーチ
SASAE愛® 輝美(kiyo)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です